FC2ブログ

給食費値上げ!子育て世代の負担増

活動日誌
03 /10 2019
給食費値上げを提案
学校給食センター運営委
米飯・牛乳値上がりで

新つるおか2019年03月03日No.2135

 平成30年度第2回鶴岡市学校給食センター運営委員会が2月15日に開かれました。

■アレルギー対応と地産地消を推進
 当局から学校給食センターの運営状況について報告があり、現在、小・中学校全地域合計で9340食を提供しています。
 また、櫛引・朝日・温海及び羽黒地域では食物アレルギー児童生徒に応じた給食提供を実施しています。
 地産地消の推進について、コメはすべて鶴岡産、大豆製品(味噌、醤油豆腐、生揚げ)もほぼ100%、肉類(鶏肉を除く)、卵も庄内産を使用しています。
 野菜については、JAや生産者グループ等と品目及び納入価格を設定した「協定書」を締結し、生産者との情報交換を行い必要数量の確保に努めていますが、平成29年度の鶴岡産野菜の使用率は37・7%(前年度40・0%)と減少。今年度は天候不良もあり地場産の納入は低下しています。
 魚介類は、平成29年度地元産の使用率は21・1%と前年より伸ばしたものの目標の30%に至っていない状況ですが、温海地域は、67・1%と高い使用割合となっています。
 今年度から始まった第3子以降の給食費無償化については、「さらに周知しながら進めていきたい」と話しました。

■米飯・牛乳値上がりで主菜・副菜を圧迫
 報告では、来年度の給食費の改定について1食の単価を小学校は258円から270円に、中学校299円から310円に値上げしたい旨の提案がされました。
 市当局は、「5年間給食費を据え置いてきたが、米飯と牛乳が値上がりし、主菜・副菜に充てる費用を圧縮せざるを得ない状況。消費税の値上げに伴い改定してきたが、物資の動向を判断して定めた」としています。
 委員からは、「どんなスケジュールで保護者に徹底していくのか」との質問があり、「来年度予算で歳入・歳出に関わるので、3月議会終了後に決定する。必要性、根拠資料を示し理解を求める」としています。

 長谷川剛市議が傍聴参加しました。

県議選・参院選、日本共産党の躍進でくらしと平和を守ろう

活動日誌
02 /10 2019
共闘勝利と共産党躍進で「安倍政権サヨナラの年」に
日本共産党演説会
2019_02_03enzetukai03.jpg

紙参院議員・関県議ら決意
新つるおか2019年02月10日No.2132

 市田忠義参議院議員・党副委員長を迎え、日本共産党演説会が3日、荘銀タクト鶴岡を会場に開かれ、550人が参加しました。

■2人になった県議団で県民要求実現

 4月の県議選で2期目をめざす関とおる県議が、4年間の活動を振りかえり、非正規雇用の正社員化や学童保育利用料の負担軽減など「県民の命と暮らしをまもる提案をし、実現してきた」ことを紹介しました。

 また、国保の広域化や病床削減をすすめる地域医療構想、中高一貫校の設置など、2人になった県議団で問題点は質してきたこと、根本に国の政治の歪みがあることなどを語り、自民党の悪政に審判を下し、国政でも安倍政権に審判を下すため全力で頑張る決意を述べました。

 7月の参院選で4期目をめざす紙智子参議院議員は「ウソと隠蔽の安倍政権、3分の2の多数を打ち崩し、憲法改悪の企みを止めよう」と呼びかけ、浜田藤兵衛県選挙区候補らが決意表明しました。

■安倍政権のウソと強権いよいよ深刻
 退陣に追い込もう

 市田氏は、「安倍政権のウソと強権がいよいよ深刻になった。安倍政権は、数の力によってのみ支えられている。参院選は、野党にとってチャンス、日本の命運が係った参院選、日本共産党の躍進で安倍政権を退陣に追い込み、野党と市民の力で連合政権をつくろう」と呼びかけました。

 また市田氏は、「地方政治は、福祉の増進をすることが責務。党県議団は是々非々の立場を貫いてきた。福祉灯油、看護師定数の増員、私学助成など前進してきた」と述べ、「関とおるさんと吉田武さん(酒田市区予定候補)を押し上げて下さい」と訴えました。

 参加者からは、「県政に2人の共産党議員で成果をあげてきたことがわかりました」「結束し、諦めずにガンバロウ!消費税に反対!」などの感想が寄せられました。
2019_02_03enzetukai01.jpg

日本共産党演説会へお越しください

活動日誌
01 /27 2019
2月3日午後2時より荘銀タクトで行います。
テレビや新聞ではわからない政治の真実をお話しします!
ぜひ、お越しください。

50843235_1997875040267292_7182614907366408192_n_R.jpg

住民の声で規制区間変更させる!

活動日誌
01 /23 2019
IMG_3561_R.jpg
12月28日、月山国道維持出張所長から聞き取り

 国土交通省酒田河川国道事務所は17日、特別の豪雪時にチェーン規制を行う国道112号線月山道路の規制区間について、当初発表した上名川除雪ステーションから十座沢駐車帯(湯殿山スキー場入口交差点から山形方向へ0.7km先)に変更することを発表しました。
これにより、チェーン規制区間は当初の26.7kmから15.2kmに短縮されました。
住民をはじめとして、行き先が、大網、田麦俣までの車両はチェーンなし(スタッドレスタイヤ)での通過が可能になりました。
 8日に開かれた住民説明会で、住民から規制区間の見直しを求める意見や要望が多数出されたため変更となったものです。
 
 関とおる県議と私は、大網地域住民からの要望をうけて、12月28日に国土交通省酒田河川国道事務所月山国道維持出張所を訪ねて要望を伝え、1月8日の住民説明会にも出席し、規制区間の見直しを求めてきました。
 関県議は、「住民生活に影響が及ばないようにするという当然の結論が示されましたが、最初から住民への影響をよく検討していればこんな混乱は起きなかった」と話しました。

現場を知らずに一方的な押しつけで混乱を招いたことは明らかです。
IMG_3627_R.jpg
1月8日朝日東部公民館での住民説明会

国道112号線チェーン規制について

活動日誌
01 /17 2019

 国土交通省は、昨年12月、大雪特別警報や大雪に関する緊急発表が行われる異例の降雪時に、高速道路や一部の道路区間で道路交通の確保のためのチェーン規制箇所を公表しました。
本市では、国道112号線上名川(上名川除雪ステーションより山形側)から西川町月山沢までの27kmが対象になりました。
これを受けて、関とおる県議と一緒に12月28日、国土交通省酒田河川国道事務所月山国道維持出張所を訪ね、対応を聞き取りしました。
舘山出張所長が対応し、規制が実施された場合は、規制解除になるまではすべての車両が立ち入りできないこと、チェーン装着所を数か所増設すること、また1月8日に大網地域で住民説明会を実施することなどを話しました。
関県議は、「規制区間の先に大網地域や田麦地域などがあり、住民からも不安の声が出されている。新たにチェーン購入や通勤通学などへの影響も懸念されていることなどを話しました。
その後、朝日庁舎を訪ね規制実施時の対応を聞き取りしました。

話を聞いて、現場も困惑している模様。
国交省が決めて一方的に降ろしたという印象を受けました。明日の住民説明会を傍聴して様々な声を聴き対策を求めていきます。
<住民説明会>
49801130_1548748925268633_4576164950967320576_n.jpg

8日、月山道路のチェーン規制についての住民説明会に関とおる県議と一緒に参加しました。

「大網や田麦俣の住民にとって生活道路だ!家に帰れない時にはどうすればいいのか!」
「せめて規制区間を中台除雪ステーションからにしてもらえないのか?」
「家には4台も車がありチェーン購入代が大変だ」
一方的な決定に住民の方々が怒りを込めて訴えました。

国交省担当者は「今日のご意見や要望を伝える」、「集落があり規制区間を変更したところもある」と答え、19日までに回答することを約束して閉会となりました。





長谷川つよし

1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選