FC2ブログ

ありがとう!485系

その他
06 /01 2015
 5月30日、485系T18編成による「ありがとう485系国鉄色号」が運行されました。
新潟から酒田まで、なじみの羽越路を駆け抜けました。羽越本線を走る485系は、おそらくこれが最後でしょう。
 庄内平野は、田植えも終え、新緑がまぶしい季節に。
最後は、「団体」幕で運行しましたが、「いなほ」の幕を掲げ40年、羽越本線のエースは静かに引退しました。
 長い間ありがとう!お疲れ様!

DSC_6156_R.jpg

DSC_6164_R.jpg

DSC_6167_R.jpg

新年度スタート

その他
04 /02 2012
今日、新年度がスタートしました。
といっても何か変わった訳でもなく・・・

今週末、日本共産党のボランティアで被災地に行きます。
現在、米、野菜などを募集しています。8日に被災された方々に届けます。
党地区委員会(0235-22-3313)までご一報ください!

先日、えびチャーハン、えびサラダをつくりました。
スーパーで蒸しエビが半額の200円だったので、頭の中でイメージできました。

料理をすることも(たまにだから・・)ストレス解消になりますね!

IMG_0378[1]_R
IMG_0379[1]_R

卒園式

その他
03 /26 2012
24日、娘の通う保育園で卒園式があり参加してきました。

一人ひとりに卒園証書と進級証書が渡されました。
卒園する子たちは、小学校で頑張りたいことを一言づつ母親に伝え、卒園証書を渡します。
みんな立派な姿で、たくましく感じました。

一年間を振り返るスライドでは、子どもたちが一言ずつ頑張ったことやうれしかったことなどを話しました。
「あっという間に大きくなってなあ~」と思いながら、思わず涙が出そうになります。
娘はもう一年ありますが、来年はやばい・・・いまからウルっときた。

原発事故により、福島から避難してきたAくんのお母さんが、「最初は不安でいっぱいでしたが、皆さんから温かく迎えられてうれしかった」と話しました。
(Aくんのことを娘は大好きで、「将来結婚したい!」と夏祭りでは紹介されました。

原発事故によって、家族離ればなれ、先が見えない不安など大変な苦労をされたと思います。
あらためて、原発ゼロの日本をつくらねばと思いました。

この子たちの将来、日本に生まれてよかったと思える社会をつくることが、私たち親の責任ですね。




さようなら日本海・・・

その他
02 /25 2012
 今日は鉄道ネタデス。
 この春、3月16日のダイヤ改正で大阪と青森をむすぶ「寝台特急日本海」と大阪と新潟を結ぶ「寝台急行きたぐに」が廃止され多客期の臨時列車となることに。
DSC_8910_R.jpg
 
 東北地方と関西を結ぶ唯一の足でしたが、JRは乗車率の低下をあげて廃止するとのこと。
確かに車体の老朽化も進んでいます。しかし、巨額の利益をあげながら公共交通の役割を投げ捨て、地方切り捨て(普通列車の接続を悪くして、特急を利用せざるをえなくする)と「新幹線にどうぞ」という姿勢が目立ちます。
 寝台列車は、夜に出発し、早朝に目的地に到着できる(寝ながら)という便利さがあります。
 また、長距離移動も乗り換えなしで寝て行けることは、子ども連れやお年寄りにも便利です。
 
 京都と鶴岡を往復する私の知り合いも、「上りは日本海、下りはきたぐに」を利用しているとのこと。
廃止によって高い交通費をかけて乗り継がなければならなくなるそうです。
 これからの時代、ゆっくりと目的地までいける需要は増えるのではないでしょうか?
 娘にも、寝台列車の記憶を残してあげたいな~と思います。

 さて、廃止まで1ヶ月をきり、残り少ない勇姿を収めようと思いますが、鶴岡を通過するのは上りが0:27、下りは3:30と深夜の時間帯です。(フラッシュは安全運転の妨げになるので絶対にやめましょう)
そこで鶴岡駅で停車した姿を撮影しました。
 この季節は、冷え込みも厳しくなかなかつらい時期ですがトイレを我慢しながら到着を待ちました。
 すでに各地で人だかりができていますが、鶴岡はまだ大丈夫!と思いつつ・・・
DSC_8912_R.jpg 
こんな時間でも、撮影をする人がいました!(むこうの方もそう思ったでしょう)
DSC_8933_R.jpg
若いお兄さんに「ここいいですか?」と話すと「どうぞ」と快く応じてくれました。
DSC_8936_R.jpg

DSC_8937_R.jpg
DSC_8948_R.jpg
 運転手さんが出発の汽笛を鳴らしてくれました。私はビデオカメラとカメラで撮影しましたが、ちょうどビデオを止めていた瞬間で・・・(><:)
 
 廃止まで1ヶ月をきりましたが、最後の勇姿をできる限り収めたいと思います。

おでん

その他
11 /18 2011
111116_200406_R.jpg

日に日に冬の足音が近づいてきました。
鶴岡から見える鳥海山や月山も雪化粧しています。

家に帰るとカミさんがおでんを作ったと。
夫「これ全部作ったのか?」
妻「そうだよ、ゆで卵も作ったし」
夫「コンビニのかと思った」
妻「失礼な!」
夫「普通にうまいよ」
妻「そりゃそうだ、だしはおでんの素だもん」

長谷川つよし

1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選