「日本共産党をのばしてください」と訴え、しんぶん赤旗読者迎える

月末は、しんぶん赤旗読者の拡大で、支部のみなさんと訪問行動をしました。
話題になったのは、「いつ解散・総選挙になるか」や「党首討論」のこと、「若者の派遣切り」などです。

70代の男性は「党首討論をみたが、どちらもたいした違いがない」と話されました。

私は「ほんとうにいま、国民が困っているくらしや雇用をどう守るのか問われているのに国民そっちのけの話しをしている二大政党で果たして政治がよくなるでしょうか」と訴え購読をよびかけました。

また、20代の女性は、「若者の雇用が深刻でどうしたら打開できるのか」と聞きます。
私は、大企業はたった1%の内部留保をはき出すだけで40万人もの雇用がまもられること、深刻な経営を余儀なくされている中小企業には、国としても予算をつけることを話しました。
また、長時間労働やサービス残業など世界では考えられない働かせ方が日本では横行していることをあげ、「働くルールをしっかり作ることが大事なのでは」と話しました。
共感していただいたこの女性は「日本共産党の元気の源は何か」パンフと日曜版を購読してくれました。

鶴岡地区は大奮闘をして、月末の3日間で92名の新たな読者を迎えました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター