北朝鮮が核実験

 25日、北朝鮮が06年以来2回目の核実験をおこないました。

 北朝鮮の核実験は、「いかなる核実験または弾道ミサイルの発射もこれ以上実施しないこと」を要求した国連安保理決議や六カ国協議共同声明にも反する許されない暴挙です。

 いま、世界はオバマ大統領が呼びかけたように、核兵器の廃絶に向かって歩み始めています。
今回の北朝鮮の行為は、日本やアジアをはじめ、世界に対する重大な挑戦であり、被爆国の一人として、絶対に許すことの出来ない行為です。

 今回の行為は、北朝鮮にとっても国際社会からの孤立を深め、悪循環を招いており、まさに自爆行為そのものです。
 日本でも、「経済制裁の強化を」という声があがっていますが、テレビでも専門家から「これ以上の経済制裁はもうない。対話のテーブルにつかせることが大事だ」という意見も出されています。

 日本政府の対応も、麻生首相は「アメリカに任せるしかない」と話していますが、外交をすべてアメリカ任せにしてきたこと、軍事一辺倒の対応が日本の外交政策でした。

 北朝鮮は、今までも数々の無法を繰り返してきた国です。
 だからこそ日本も外交努力を粘り強く続けることしか解決する道はありません。

DSC_3173_R.jpg

DSC_3174_R.jpg

DSC_3177_R.jpg

写真は、1954年太平洋のビキニ環礁でアメリカの水爆実験により放射能を浴びたマグロ漁船、「第五福竜丸とエンジンです。(東京 夢の島公園)


  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

役立つブログまとめ(ブログ意見集): 北朝鮮問題の解決 by Good↑or Bad↓

「北朝鮮問題の解決」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター