大網 七五三掛集落の地滑り調査

 2月下旬から地滑りが続いている鶴岡市大網地区の七五三掛集落で、今月9日頃から道路や畑などでさらに拡大しており、住民の避難が続いています。現地では24時間態勢で警戒しています。

 16日、笹山県議、関市議とともに現地調査をおこない、被災されたみなさんにお見舞いをしつつ、要望などを聞きました。
DSC_1792_R.jpg

DSC_1810_R.jpg
 写真にもあるように、いたるところで亀裂や陥没が発生しています。
 玄関のドアが開かなくなったり、陥没で通行できなくなった道路など深刻な被害になっています。
農業水路なども被害を受けているため大規模な改修が必要なようです。

 原因は現在調査中でありますが、東北農政局によると、地下に浸透した雪解け水が影響している、また、地滑りを起こしやすい地質も影響しているとのことでした。
 住民の方は「雪が溶けて4月になってからズレがわかった。これから雨が降るのが怖い。今年は積雪も少なく、雪解けが早すぎる」
「ここに40年暮らしてきたが、初めてだ。驚いている」

 現場は注連寺の周辺で、映画「おくりびと」のロケで使われた住宅もあります。
DSC_1881_R.jpg

DSC_1879_R.jpg
「これから、桜を見に来る人やおくりびとのロケ地を見に来る人などが増えると期待していたので残念だ」という声も聞かれました。

 その後、朝日庁舎の警戒災害本部を訪ね、今後の対策などをうかがいました。

「まだ、動いているので、今後の状況をみて対応していきたい。応急的な復旧は出来るが大規模な改修が必要になるかもしれない。滑り面が深くてボーリングをしてもわからない状況だ。市でも出来ることは必死で取り組んでいる」と話されました。

 農業は「施設の被災状況を確認し、これからの作付けが出来るかどうか判断していきたい。作付け再開できるよう応急の水路、農道橋仮設の試算をしている」とのことです。

DSC_1843_R.jpg

 
 日本共産党も住民のみなさんや自治体の意見や要望をきき、安心して暮らせるよう引き続き取り組んでいきます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター