戸沢と肘折で訪問行動

27日は戸沢村と大蔵村で訪問行動をしました。
DSC_1522_R.jpg肘折の大きな雪だるま!

戸沢ではAさんと一緒にしんぶん赤旗の購読を呼びかけ、1名の読者を迎えました。

ある農家の方は「夫は出稼ぎに行っている。息子も職がなく、農業を継ぎたいと話しているが農業だけでは食べていけないからダメだといっている。最近肥料代が上がり困っている、20キロで1500円だったのが3500円にまで上がっている」と話します。
私は、「共産党は農業の再生が地域活性化のためにも必要です、生産費を償う価格保証をしなければやっていけないですね」と話すと、「そうだ、農業収入が下がったままでは地域も元気にならない」と共感してくれました。

午後からは肘折地区へ、Kさんと地域をまわりました。
今年は雪が例年の半分だと言ってましたが、それでも県内有数の豪雪地帯だけあって雪が残っており、朝も10センチほど積もったそうです。

ここでは、今年の三月で小・中学校が閉校に。
空屋が増えていると話します。
訪問すると「息子の仕事が無くて困っている、私らだけなら年金で食いつなげるが若い人はそうもいかない・・・」と話してくれました。

農業が元気だった頃は、若い人も農業を継いで地域に残り、子どももたくさんいましたが今ではそういう地域がほとんど無くなりました。
日本の農業と農村を衰退させてきた自民党の責任は重大です。
農業の再生をなくして、地域の活性化は望めません。どこの国でも農業は国によって大事にされています。
価格保証・所得保障を抜本的に充実させ、輸入自由化に歯止めをかけるために日本共産党は頑張ります!
DSC_1510 - コピー_R陸羽西線 キハ110系


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター