職場支部での歓迎会

Image234_R.jpg

 入党歓迎会が続きます

 今度は20代の青年が入党を決意し、支部歓迎会に参加しました。
支部のメンバーから花束を渡され、チーズケーキとジュースで乾杯しました。

 入党されたTさんは、子供の頃ミスチルにあこがれていたそうで、ストリートミュージシャンの経験もあり、国分寺駅前がホームグラウンドだったそうです。

 入党を呼びかけた支部長も「Tさんの人柄と歌に惚れた」と話します。
Tさんは、「中学の頃から政治に興味を持っていた、日本共産党の政治の中身をかえるに共感したんだ」と話します。

 私は、「派遣切りがこの地域でもすすんでいるが、たとえばトヨタの株券は02年には一枚28円だったのが08年には140円に。配当が5倍にも上がったが、これは正社員から派遣社員に切り替え人件費を削ってのもうけです」と話しました。また、「権力を監視する」というマスコミの役割が、購読部数の減少から大企業の全面広告などに頼っており、企業悪を書けなくなっていることなどを話しました。
 
 その後、支部のみんなで「入党ビデオ」を視聴しました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター