FC2ブログ

除雪徹底など7項目要請

活動日誌
02 /18 2018
新つるおか2018年02月11日No.2081
DSC01688.jpg

 岡公園の観測地点で70㎝を超え、今後も積雪が予想され市民生活に支障をきたす恐れがあることから6日、市は「豪雪対策本部」を設置しました。

 日本共産党市議団は同日、皆川市長(市豪雪対策本部長)に次の7項目について緊急申し入れを行いました。

1.道路、歩道等について市民生活に支障のない様に除雪を徹底すること

2.除雪の際に積み上げられ支障となっている箇所の排雪作業を急ぎ実施すること

3.市内の一次排雪場所(公園等)が満積されていることから、その排雪場所からの排雪を急ぎ実施し、排雪場所を確保すること

4.除雪作業、雪下ろし作業などの際の事故・ケガなど注意事項の徹底をすること

5.高齢者や障害者など、要配慮者に対して聞き取りを行い、除排雪作業の支援をおこなうこと

6.農業施設被害の実態把握と、その対策と支援をすること

7.水道管の凍結・破裂によって漏水した世帯に対して、水道料金等の減額調整ができる旨の配慮説明を周知徹底すること

 市からは、増田亨市民部参事(兼)危機管理監(兼)防災安全課長と、岡部信宏防災安全主幹が応対。党市議団は住民から寄せられた声を伝えました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

長谷川つよし

1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選