FC2ブログ

文化会館問題で百条委設置を!

活動日誌
12 /12 2017
新つるおか2017年12月10日No.2073より

 鶴岡市議会12月定例会に提出された請願は3件です。

 ①所得税法第56条の廃止のための意見書提出を求める請願(鶴岡民商婦人部)

 ②特急いなほ号、上越新幹線に関する請願(森村真人)

 ③教職員定数の改善を求める請願(県教組田川地区支部)

 党市議団は①の紹介議員になっています。

■「9条改憲反対」など意見書4件提案

 議員発議の意見書は4件です。

 ①核兵器禁止条約に速やかに署名し批准することを求める意見書

 ②憲法9条の改憲反対する意見書

 ③医療診療、介護、障害者福祉の報酬引き上げを求める意見書

 ④湯野浜海水浴場のトイレ整備に関する意見書

 4意見書とも党市議団が提出者になっています。

■文化会館問題で4項目の調査求める

 党市議団は草島進一議員と共同で12月市議会に「鶴岡市文化会館の調査に関する決議案」(百条委員会の設置)を提出しました。

 百条委員会は国会の国政調査権に相当するもので、議会が特定の事件を指定し調査権を行使することができるものです。

 調査事項は4項目で、

 ①新文化会館の建設費用倍増について、地方自治法第2条14項、地方財政法第4条1項の最小最大原則違反の疑い。

 ②5億円もの設計契約変更について市条例違反の疑い。

 ③音漏れ、雨漏りの原因となる設計、施工管理について。

 ④音漏れを非公開にしていた前市長の疑惑について。

 議員提出の議案と意見書は、議会申し合わせ事項により事前に会派の調整(18日)が行われ、上程は議会最終日の22日の予定となります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

長谷川つよし

1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選