東日本大震災から半年

未曾有の大災害から半年が経ちました。
死者15781人、行方不明者4086人(10日現在)にのぼります。
今なお原発による放射能汚染も収束のメドがたちません。
11日放送の「鉄腕ダッシュ」では、浪江町のダッシュ村を訪れ、雑草に覆われたたダッシュ村の状況を放映しました。
一見何も変わらない風景、しかし目に見えない放射能の恐怖。この地に暮らしていたみなさんの無念な思いは・・・
本当に心が痛みました。

そうした中、鉢呂経産大臣が就任から9日で辞任しました。辞任の原因となったのは、8日の議員宿舎に戻った際、取材で取り囲んだ10人ほどの記者のうち1人に「放射能を付けたぞ」という趣旨でおこなったもの。同志は9日の記者会見で原発周辺を「死の町」と表現し発言を撤回して陳謝したばかりでした。

今なお、10万人を超える人々が避難生活を余儀なくされ、健康への不安、農林水産業をはじめ計り知れない被害が広がっているときに今回の発言は、深刻さを感じず、解決への真剣さも感じられないもので絶対に許せません!

この間、しんぶん赤旗で「原発マネー」の特集が組まれています。
なぜ、どのような形で日本に持ち込まれたのかから始まり、その後どう進められたかなど事実で迫っています

こちらをクリック!!





そこでは、原発立地のために札束でほっぺたをたたくようなやり方で従わせ、反対住民を孤立・分断し、監視する。町内の祭りや、神社の維持費にもお金を出して従わせる。
自治体は巨額の交付金でハコモノをつくるが維持費で財政が圧迫。さらに原発増設をくり返すしかなくなる。企業は寄りつかず産業が空洞化。
というような生々しい実態が明らかになっています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター