ご支援ありがとうございました

 参院選で日本共産党は4議席から3議席へと後退しました。
東京選挙区で議席獲得に挑戦した小池あきら政策委員長も届きませんでした。

北海道・東北・北関東と東日本を活動地域に奮闘した大門みきしさんは3度目の当選を果たしました。
2010071303_01_0b_R.jpg

ご支援いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

結果は残念ですが、多くのみなさんが「民主党にはがっかりした、自民党にも戻りたくない」というおもいで「みんなの党」へ期待された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今度の選挙は「消費税の大増税」や米軍基地問題、景気回復など大きな争点があった選挙でした。
私も友人に話しをすると「今だって大変なのにこれ以上税金を払えるか」という声をききました。
しかも福祉や財政再建に使うのではなく、「大企業減税の穴埋め」に使われることを話すと、「へえ~知らなかった」という声が返ってきました。

テレビではさかんに「ギリシャのようになったら大変」「お年寄りが増えて福祉に回すのだから」など、危機をあおる報道がされました。
しかし、この20年間の消費税が何に使われたか?という本当のことを報道することはありませんでした。

みなさんの「政治を変えてほしい」という願いを本気で実現しようとすれば「財界やアメリカ」とぶつからざるをえません。
 沖縄県民・国民の「米軍基地をなくしてほしい」と言う願いを実現しようとすれば、アメリカに国民の声を代弁する。
 国民にこれ以上の負担をさせないようにしようとすればお金のあるところに「税金をちゃんと払ってください」と言わなければならない。

 選挙の時には聞こえのいいことを言いますが、残念ながらこうした声を届ける議員は他党にはいません。
 それだけに日本共産党の議席を後退させたことは申し訳なく思います。
 今後も参院選で掲げた公約実現に向けて頑張ります。

選挙区で奮闘した太田としおさん 
IMG_0759_R.jpg

 次は来年の4月の県議選、必勝に向けて奮闘する決意です。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター