鳩山首相辞任

 2日は休日でしたので自宅でテレビを観ていると「ニュース速報」が流れました。
「鳩山首相が辞意表明」

 驚きましたが、その後の両院議員総会でのあいさつを聞いていると「国民のみなさんが聞く耳を持ってくれなくなった」とか「クリーンな民主党を」といった言葉が並びました。
  しかし、やってきたことはといえば、普天間基地の移設問題をはじめ労働者派遣法、後期高齢者医療制度、企業・団体献金の廃止など昨年夏の総選挙で掲げた公約を次々と国民に対し裏切りを重ねました。
 
 なぜ、公約を実現できなかったのか?

 普天間基地の移設問題では、沖縄県民は「もうこれ以上米軍基地の痛みはごめんだ」と明確でした。
 同時に、「この痛みを他の地域の住民にもさせるな」でした。

 本来、首相がやるべきことは「移設先探し」ではなく、アメリカに国民の声を伝えることで、首相が移設先を探すものではありません。

 1005-pos-hutenma_kiken_a1_R.jpg

 ところが鳩山首相は「抑止力」だとしてなくすどころか辺野古と徳之島に新基地をつくるという最悪の案で合意しました。

 本当に沖縄に駐留する海兵隊は日本を守ってくれる抑止力でしょうか?
 海兵隊はイラクやアフガニスタンで市民を巻き込む無差別攻撃を繰り返しました。ファルージャでの大量殺戮をしたのもこの海兵隊です。

 抑止力のはずの海兵隊が沖縄では「飲酒によるひき逃げ」「殺人」「暴行」など県民の命を平気で奪っています。
 だからこそ、沖縄県民は「抑止力」という言葉に怒りの声をあげています。
 海兵隊は抑止力ではなく侵略力なのです。
 太平洋戦争では凄惨な地上戦で多くの犠牲を出し、さらに戦争が終わっても民有地を銃剣とブルトーザーで奪われる。世界でもっとも危険な米軍基地の新たな建設案。絶対に許すわけには行きません!!

 米軍基地問題は「無条件撤去」しか解決も道はありません!
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター