映画「おとうと」をみて

その他
02 /01 2010
 吉永小百合主演、山田洋次監督の映画「おとうと」が公開されました。

 久しぶりに映画館でみてきましたが、泣ける映画でした

 主演の吟子(吉永)は、どうしようもない弟を見捨てずいつも心配し、帰ってくれば暖かく迎える姉。
そして、夫を早くに亡くしながらも娘を育てた母役で登場します。

 そういえば「寅さん」の妹さくらもそうでした。
「おにいちゃん今頃どこにいるんだろう?」 さくらの口癖です。

 この映画で「家族」というものをあらためて考えさせられました。
 私も、いつもは些細なことで喧嘩したりしますが、困ったとき、壁にぶつかったときいつも支えてくれたのは
家族でした。
 結婚式場で娘から「今までお世話になりました」と言われるシーン・・・
 いつか娘にも言われるのかと思うと今から涙腺が・・・
 この映画を観ると、心も温まります。是非ご覧になってください!
 暖かい心で家に帰ると「頼んだもの買ってこないじゃない!」と妻に怒られました・・

 う~ん現実はつらいの~
 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

長谷川つよし

1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選