小学校の恩師と再会

 月末から1日にかけては、演説会に参加された方へのお礼と赤旗の購読呼びかけに地域をまわりました。

 小学5~6年の担任をされたS先生を訪ねました。
 当時、S先生は新卒で22歳。私たちは元気な反抗期!よく授業中に怒られました!(^^:) S先生は足も速く、逃げても捕まってしまうほどでした・・・
 一緒に野球をしたり、給食を食べたりと、私たちにとっては、お兄ちゃんという感じで、何でもはなせる存在であり信頼していました。

 S先生も今では2人の親に。息子さんにも私が立候補したことを「俺が最初に担任した子なんだ」と話していたそうです。
 いま、学校も夜遅くまで職員室にあかりがともり、多くの先生方が過労死寸前まで追いつめられていると聞きます。
 教員評価、全国学力、免許更新など学校に競争を持ち込ませようとする財界のねらいがあります。
日本共産党は、「教育は子供の成長のためにあるという憲法の原則を大切にし、先生も生徒も安心して学べる学校」に政治の仕事として、条件整備していきます。 


日本共産党の教育政策はこちら

写真は特急いなほ号です
DSC_0760_R.jpg



スポンサーサイト

コメント

党学校同期生として&候補者同士がんばろう!

こんにちは。先日はメッセージをありがとうございました。そちらは相当寒いでしょうね。身体に気をつけて頑張ってください!!
さて、私は昨日、申し入れを行ってきました。中身はもちろん、「日本共産党緊急経済提言」を片手に、いまの不況の内容を聞かせて欲しい、ということです。
神奈川は自動車関連の業者がかなりあります。産業関係の団体にいったところ、「おととしくらいから不況の影響が出ている。“中部地域(トヨタと思われます)ついてこなければもう仕事は出さない”と言われたとのこと。下請けイジメ・労働者使い捨ての“世界一の企業”。本当にハラがたちます。ルールある資本主義が、今ほど求められる時はありませんね。
さて、お譲ちゃん、いたずら盛りで手こずりますね。うちは最近「じぶんで!」「ダダ(ヤダ)!」を連呼。自己主張が激しく、子育てがある意味順調だと自分をなぐさめる日々です。家族の支えがあってこその活動ですので、お互い子育てもがんばりましょうね!それではまた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター