今日は64回目の終戦記念日です

きょう、15日は64回目の終戦記念日、笹山県議と一緒に市内で街頭宣伝しました。
太平洋戦争では310万人、アジアでは2千万人の命が奪われました。

今なお、中国残留孤児、被爆者、従軍慰安婦など多くの方が心や体に傷を負っています。
もう2度と戦争をしない!
世界に誓って、ここから戦後の日本がスタートしました。
ところが、「北朝鮮問題」を口実に非核3原則の見直し、集団的自衛権の行使、自衛隊の海外派兵、極めつけは憲法改正と次々と憲法をないがしろにした政治をすすめようとしています。
Image291_R.jpg 酒田港に寄港したアメリカのイージス艦

 日本は、軍事一辺倒の対応に固執し、外交努力がほとんどありません。
さらに、日本経団連は、軍需産業で新たな儲けをしたいと公言しています。
 ミサイル防衛と称し20兆円もの税金、さらに維持するのに2兆円もの税金が投入されようとしています。
 私は、日本外交は今までなんでもアメリカ言いなりで国として独自の政策を持たないことが周辺国や世界からも無視されている大きな原因があると思います。

 日本は世界からどういった役割を求められているか?
憲法9条が戦争のない世界を作る上で注目と共感を広げています。
 決して理想ではなく、9条に沿った国づくりを世界が目指しています!
そして、オバマ大統領が「核兵器のない世界を目指そう」の呼びかけを4月にプラハで演説しました。
最大の核兵器保有国の一つであり、広島・長崎に原爆を投下した国の大統領として初めての呼びかけに世界から共感と歓迎が広がりました。
世界にはまだまだ紛争やもめ事があります。しかし、紛争を戦争にしない努力が大波となって広がっています。

 私の原点であり人類の共通の願い、核兵器のない世界・平和な世界をみんなと一緒につくる!
ご一緒に力をあわせましょう!
 
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。鶴岡市に住んでいるものです。僭越ながらこの場をお借りして意見を書かせていただければと思います。
軍事一辺倒(?)で外交努力がほとんど無い、とのご見解ですが、参考のために、麻生内閣がこの10ヶ月になされた実績を貼らせていただきます。★印の所が外交に関係する項目です。

■麻生政権の実績経過リスト 
2008.10.03 ★「竹島は固有の領土」とする答弁書を閣議決定
2008.10.06 ★「麻生氏は外相時代、中韓との関係を損ねた」とするNYタイムズ紙の捏造批判記事に反論投稿 
2008.10.07 ★日本の不良債権処理の成功経験から、米国に対し資本注入を促すよう指示
2008.10.10 ★北朝鮮経済制裁の半年延長を閣議決定 
2008.10.12 ★G7行動計画を支持、日本は外準活用の支援表明=IMFC  
2008.10.15 ★2年ぶりに拉致対策本部の会合を開く 
2008.10.16 一次補正予算成立  
2008.10.17 ★北朝鮮制裁の徹底を中川財務・金融相が指示  
2008.10.19 ★安保理事国に当選。非常任理事国としては史上最多の10回目 
2008.10.25 ★IMFがアイスランドに緊急融資。アイスランド外相の政治顧問が「日本のおかげ」と感謝  
2008.10.27 ★日印安保共同宣言に署名。インドと安保、経済、環境、エネルギーなど幅広い分野で戦略的協調  
2008.10.29 ★朝鮮総連傘下組織を家宅捜索。税理士法違反容疑(無資格で確定申告書作成) 
2008.10.31 ★大陸棚拡張を国連に申請決定。日本国土の倍が新たな海底資源の採掘領域へ  
2008.11.01 ★水産庁、韓国漁船の違法操業の防止強化の方針決める 
2008.11.14 ★IMF専務理事が、麻生総理のIMFに対する資金提供・リーダーシップ・多国間協調主義を評価 ( 英語版 ) 
2008.11.14 ★麻生首相「金融危機打開には、日本の経験が有効」とする論文を米紙に寄稿  
2008.11.14 ★大陸棚拡張を国連に申請完了 
2008.11.15 ★日本と世銀が途上国の銀行支援ファンド設立決定  
2008.11.20 麻生首相から書状を受け、「生きていて申し訳ない」が口癖の上原さんが誇りを取り戻す
2008.11.23 ★日露首脳会談で、事務レベル領土交渉への反映・平和条約を要求。露大統領「領土問題を次世代には委ねない」
2008.11.24 ★中国の胡錦濤国家主席との会談を通じ、金融危機での日本の存在感を内外へ印象付ける  
2008.11.27 税理士法違反で朝鮮総連傘下団体元幹部を逮捕  
2008.11.27 朝鮮総連傘下団体の捜査中に公妨容疑で逮捕
2008.11.27 ★集中豪雨被害を受けたパナマ共和国に対し緊急援助
2008.11.28 事故米不正転売の次官ら幹部25人を処分。農水相は報酬自主返納
2008.12.03 ★国連で日本が提出した「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意」が圧倒的賛成多数で採択
2008.12.03 税理士法違反で朝鮮総連傘下団体総務部長を逮捕
2008.12.09 ★外務省HPの「竹島は日本の領土」という宣伝資料を10カ国に拡大
2008.12.09 ★豪雨による洪水被害を受けたイエメン共和国に約80万ドル(約9,000万円)の緊急無償資金協力
2008.12.13 ★初めて政府主催で拉致問題の集会を開く
2008.12.16 「道徳・情操教育を拡充」「教科書ページ倍増」教育再生懇 第2次報告案  
2008.12.17 社会保障費抑制のため、年金特別会計の「埋蔵金」から1400億円程度を充当する方針を固める
2008.12.17 食品偽装業者をすべて公表するため、JAS法の運用指針を改正
2008.12.17 交付税増額分で雇用を創出するよう、地方6団体に要請
2008.12.17 公益法人から1076億円を国庫に返納させることを決定  
2008.12.17 商店街活性化の政策ビラを配布
2008.12.18 ★高潮被害を受けたパプアニューギニア独立国を緊急援助
2008.12.18 ★ミャンマー難民約30人を2010年度から試験的に受け入れ
2008.12.18 障害福祉サービスへの報酬を2009年4月から平均5.1%引き上げ
2008.12.18 ★日豪の安全保障協力促進の共同文書発表。防衛協力と情報共有の促進
2008.12.18 ★高潮災害にあったパプアニューギニア独立国に約1,300万円相当の緊急援助物資を供与
2008.12.19 教育再生懇を再開。「理念」より「質」の点から公立学校を学力アップさせ、新たな内需喚起狙う  
2008.12.19 改正国家公務員退職手当法が成立。在職中の不祥事発覚で退職金の強制返納が可能に  
2008.12.19 民主党とマルチ業界の癒着に関する中間報告。来期通常国会で追及へ
2008.12.23 ★パレスチナ自治区への無償資金協力「ジェリコ市内生活道路整備計画」に関する書簡の交換
2008.12.24 省庁の娯楽費廃止 行政コスト557億円カット
2008.12.24 失業者に旧公団空き家活用 471戸・家賃2割引き
2008.12.26 ★コレラが流行してるジンバブエへ150万ドル(約1億6,950万円)の緊急無償資金協力
2008.12.26 社保庁のヤミ専従問題で現役・OB計40人を刑事告発  
2008.12.27 「非正規」支援へ雇用促進住宅3万戸供給
2008.12.27 ★竹島問題パンフレットを新たに7か国語で作成
2008.12.27 郵政民営化の負の部分の一部見直しを検討
2008.12.27 2008年版「国民生活白書」で悪質商法損害の泣き寝入りを無くし、集団で救済する展望
2008.12.28 農業法人への出資制限を1社当たり10%以下から25%以下に緩和し、企業の参入促す方針
2008.12.28 コメ減反の廃止も含め見直し検討。価格への影響も試算する方針
2008.12.29 内定取り消し企業の社名公表の具体的基準案5項目作成。
2008.12.29 特別会計の健全性指標(支払余力比率)を予算書に記載し、透明性を向上させる方針
2008.12.29 ★中曽根外相がイスラエル外相と電話会談、攻撃自制求める
2008.12.30 「派遣村」への対応に万全を取るよう支持 (ただし、派遣村は麻生叩きの道具⇒派遣村の正体)
2009.01.02 厚労省が派遣の皆さんのため講堂を宿泊用に開放
2009.01.03 ★1千万ドル提供を餌にパレスチナに停戦を要請
2009.01.04 厚労省、派遣村のために旧学校施設を宿泊用に開放 (ただし、派遣村は麻生叩きの道具⇒派遣村の正体)
2009.01.04 ★中国のガス田「樫」単独開発に対し、「合意違反」と抗議
2009.01.04 時効見直しの勉強会設置。殺人は引き上げも
2009.01.05 ★中国が一方的にガス田掘削を行ったことに対し、河村官房長官と中曽根外相が強く非難
2009.01.05 舛添厚労相、製造業への派遣規制を示唆
2009.01.06 ★海賊対策でソマリア沖への海自派遣を検討する作業チーム設置
2009.01.06 グリーン・ニューディール構想。環境投資で今後5年で市場規模70兆円→100兆円、新規雇用80万人
2009.01.06 日本初の海底資源(石油や希少金属等)の詳細な開発計画策定
2009.01.07 ★「竹島は日本領土ではないとした日本の法令発見」という韓国に外務省が反論
2009.01.07 鳩山総務相、日本郵政のオリックスに対する「かんぽの宿」70施設の譲渡契約にストップ ・( その他記事 )
2009.01.07 ★海賊新法を検討。外国船舶の護衛・任務遂行目的で直接危害を加える武器使用を可能に 。 PT設置
2009.01.08 出身省庁による「渡り」あっせん禁止の明記検討
2009.01.08 ★アフリカ東部で誘拐された赤羽さんを無事解放
2009.01.08 ★「日韓新時代共同研究プロジェクト」合意。学術・経済・国際貢献での協力を加速化
2009.01.08 ★元兵士の社会復帰支援のため、国連開発計画(UNDP)を通じてスーダンに16億円贈
2009.01.08 年金記録漏れ対応処理の迅速化のため、280人→500人体制
2009.01.09 海賊対策で作業チーム初会合
2009.01.09 ★中国軍近代化で自衛隊配備見直しのため、防衛大綱改定に着手
2009.01.10 ★元駐日米大使、中山恭子首相補佐官に拉致問題を新政権に伝達することを約束
2009.01.10 地方と直接意見交換するため、山口俊一首相補佐官(地方再生担当)を全国に派遣
2009.01.10 次回国勢調査にネット回答を導入し、回答率の向上を目指す
2009.01.11 ★米ニューヨークで開かれる「海賊対策関係国会議」に代表を派遣し、関係国と連携強化狙う
2009.01.11 ★首相「世界舞台に経済協力」 日韓財界人に表明
2009.01.11 ★ポト派裁判に24億円拠出
2009.01.11 住宅確保など、派遣先企業の責任を明確化
2009.01.11 ★ガザ即時停戦訴え
2009.01.12 ★北朝鮮問題は「日韓米連携が重要」で一致 日韓首脳会談
2009.01.13 かんぽの宿譲渡問題で鳩山法相「会社分割認可する気持ちない」「資産価値を調査」
2009.01.13 ★ガザ停戦へ共同歩調確認
2009.01.13 ★海賊対策、日本の貨物運搬なら外国籍船も保護対象に
2009.01.15 不正経理防止法案提出へ。公務員の裏金づくりに懲役3年  
2009.01.27 二次補正予算成立 給付金の年度内完全実施は困難  
2009.01.28 「当面は景気対策」その先に「消費税増税」…麻生首相の施政方針演説  2009.01.29 ★麻生首相とオバマ大統領が「電話会談」 早期の首脳会談実現で一致
2009.01.29 公務員OBの「渡り」認めず=麻生首相  
2009.02.01 8カ所に水害予報センター ゲリラ豪雨対策で設置へ
2009.02.04 ★尖閣諸島周辺にヘリ搭載巡視船を常置 海保、領海侵入監視を強化
2009.02.10 不発弾被害に10億円基金 沖縄対象で創設へ
2009.02.14 ★IMF拠出で署名=過去最大の1000億ドル-中川財務相
2009.02.19 ★政府 ソマリア支援グループ「ソマリア国際連絡グループ」(ICG)に参加
2009.02.23 ★「日韓新時代共同研究プロジェクト」が発足
2009.03.04 平成20年度・第2次補正予算関連法成立
2009.03.05 ★「米、尖閣諸島に安保適用」 官房長官が確認
2009.03.06 ニート引きこもりの支援法案を閣議決定
2009.03.07 ★海外協力隊を200人増員 外務省、雇用対策も
2009.03.11 ★政府・与党「よかった」 田口さんと金元工作員面会
2009.03.18 ★海洋基本計画を閣議決定 EEZ資源の商業化明記
2009.03.18 ODA不正情報の窓口開設 外務省
2009.03.19 在留カード「台湾」表記 入管法改正案
2009.03.27 ★北ミサイル「破壊命令」 安保会議経て防衛相が発令
2009.03.30 ★ソマリア沖海賊対策で海自護衛艦が警護を開始
2009.03.30 「日本型ワークシェアリング」の促進のための残業削減雇用維持奨励金の創設
2009.03.31 障害者自立支援法改正案を閣議決定
2009.03.31 国交省、直轄国道の18件を一時凍結 効果が費用下回る
2009.03.31 政府、社会資本計画を閣議決定 交通網充実など12重点目標
2009.03.31 官僚の「渡り」を年内に廃止 天下りで政令を閣議決定
2009.03.31 北朝鮮ミサイルで自制要求決議 衆参両院
2009.03.31 障害者自立支援法改正案を閣議決定
2009.04.01 重病患者の往診車が緊急車両に
2009.04.03 6月からワーキングホリデー実施=日本と台湾が合意
2009.04.03 ★海賊対策でジブチと交換公文
2009.04.10 対北制裁延長閣議決定
2009.04.17 北朝鮮への金融制裁 政令を閣議決定
2009.04.17 ★日米「北朝鮮の14団体の海外資産を凍結」
2009.04.21 ★軍事スパイ行為を抑制する改正外為法・主に産業スパイを抑制する改正不正競争防止法成立
2009.05.08 政府、人事院臨時勧告を完全実施 公務員の夏ボーナス減
2009.05.11 国家公務員のボーナス減で740億円節約 人勧完全実施で
2009.05.23 ★「太平洋環境共同体」の創設へ 島サミット
2009.05.27 防衛相補佐官を新設 改正防衛省設置法が成立
2009.05.29 消費者庁法が成立
2009.06.05 船員の再就職支援を8年ぶり再開 高速割引や不況で廃業・減便
2009.06.13 ★国連安保理 北朝鮮に出入りする貨物への検査や対北融資・援助の禁止を含む金融制裁などを柱とする追加制裁決議案を全会一致で採択
2009.06.16 ★対北朝鮮、全面禁輸を閣議決定
2009.06.19 タクシー運賃特措法が成立 過度の低価格競争に歯止め
2009.06.19 ★海賊対処法が成立 外国船舶の護衛も可能に
2009.06.19 首相と閣僚、今夏のボーナス2割返納
2009.06.19 ★「エネルギー協力強化」日イラク外相が合意
2009.06.22 JAL政府監視下で再建支援へ
2009.07.01 国連待機制度に自衛隊の後方支援部隊を登録
2009.07.03 ★北方領土は「日本の領土」明記 改正北方領土特措法が成立
2009.07.05 ★与那国島に「陸自配置」 国境の守り、意思明示
2009.07.08 不法滞在者対策を強化 改正入管難民法
2009.07.13 改正臓器移植法が成立 参院A案を可決
2009.07.15 ★クラスター条約に正式加盟 日本が批准書提出、14番目
2009.07.16 ★モンゴル ウラン開発協力の覚書に署名
2009.07.17 レアメタル備蓄増強 景気悪化で価格安定
2009.07.18 ★日米 「核の傘」公式協議で一致
2009.07.26 ★アフリカ食料支援、多収穫コメ開発へ
2009.08.06 原爆症認定訴訟の終結確認書に署名
2009.08.13 定額給付金、予想以上に消費を刺激 地域独自策に効果
2009.08.16 ★韓国政府に対日補償要求は終了との公式見解を出させる
2009.08.17 追加経済対策によって実質GDPを5四半期ぶりプラスに
以上。10ヶ月でこれだけの実績をあげる総理も珍しいのではないでしょうか。
麻生さんは、あの韓国に謝罪要求を止めさせたり、ロシアにも中国にも言うべき事はしっかりと強気で出ています。発展途上国への支援からミサイル危機への迅速な対応と決断力そして領土問題まで、あらゆる事柄に対して満遍なく対処している稀に見る素晴らしい人物だと思います。マスコミはこれを一切報道しない日本のシステムですが。
従軍慰安婦は戦後38年経って突然出てきた造語です。反日朝日新聞のネガティブキャンペーンに過ぎません。
日本が韓国・朝鮮・中国にどれほど侵食されているか、中国共産党の「日本開放第二期工作要綱」しかり、それらの国々の傀儡政党である民主党。今現在の日本の危機をご存知ですか。
核を持つ事と使う事とは違います。ロシア、中国、北朝鮮と核を持った国々が世界経済第二位の日本を囲い、狙っています。日本だけが持たずにいつまでも舐められています、すなわち国民を危険に晒しているという事です。核のような強力なカードを、中国や北朝鮮やロシアが本当に手放す時が来るでしょうか?甘いと思います。アメリカは「核兵器の無い世界を・・」と呼びかける前にまず、唯一の被爆国日本に謝罪するのが先ではないでしょうか?
20兆円の軍事費が本当だとしても、経済大国第二位の国にすれば多くはないと思います。日本のパチンコ産業は年間30兆円の利益を上げ、しかも税金がかかりません。その利益は巡って北朝鮮のミサイルに姿を変え、日本に照準を合わせています。これを改善するのが先ではないでしょうか?
民主党=統一教会 韓国・朝鮮・中国の傀儡
公明党=創価学会 北朝鮮の傀儡
社民党=北朝鮮の傀儡
自民党=日本人のための政党
しかし、山形3区の自民候補は日本を代表するスーパー売国奴ですので、共産党さんに一票をと思いこちらにお邪魔しましたが、ことごとく政策が相反するようです。残念ですが白紙で投票するしかなさそうです。
その若さと情熱をもって立候補なされた行動力を尊敬いたします。それを本当の日本を救う事へと向けてほしいです。なぜ共産主義なのか・・・残念です。
最後に、「中東に平和と繁栄の回廊を描け~麻生太郎の挑戦」という動画を御紹介いたします。これが本当の『世界平和への貢献』だと、私は思います。

不躾な投稿ですが、お許し頂ければと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
山形県鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター