街頭宣伝と赤川花火大会

 先日、最北地域で街頭宣伝をした後、農作業をされていた方と対話をしました。
「農業だけでは食べていけない、若い人が地域に残れるためにもぜひ、農業支援を」と話されました。

 私がいま、訴えていることは「規模の大小にかかわらず、農業を続けたい方すべてを応援したい!農産物の価格保障と所得補償をさせ、一俵1万8千円を保障します」と「歯止めのない農産物の輸入自由化をやめ関税措置を強化し、日本の農業を守ります」という訴えをしています。

「減反をしなくていいのならもっと多くの人が応援するよ!頑張って!」
ニラの仕分けをされていた方々から応援を頂きました。

 さて、昨日9日は赤川花火大会でした。
夕方まで街宣をして、その後妻と娘の三人で花火をみました。
Image013_R.jpg

Image012_R.jpg

Image008_R.jpg

それにしても、道路はどこも大渋滞、一年で一番お客さんが集まるのではないでしょうか(^^;)
大きな花火には歓声があがり、市民をはじめ帰省したみなさんもこの花火を楽しみにしています!

全国では花火大会を中止せざるを得ない地域もあります。
地域経済を考えるうえで、農業の再生と中小企業の支援をする政治に切りかえることが必要だとあらためて感じています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター