スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙を終えて

 ひきつづき公約実現のためにがんばります。

 悪天候のなかでの選挙戦でしたが、最後まで訴えることが出来ました。比例代表で東北の命綱、高橋ちづ子さんを4度目の国会へ送り出すことが出来ました。
政治に対する怒り、失望がかつてなくひろがり、最後まで投票先を決めかねている状況で投票日を迎えました。そうしたなかで、「消費税に頼らず、家計をあたためて経済の再生を」、「海外で戦争をする国にはさせない」という訴えには、強い共感をいただきました。
同時に、党の値打ちが輝いた選挙でした。「90年間反戦平和、国民が主人公の立場でブレずにがんばった政党、活動も財政も国民のみなさんに支えられている党」の候補者としてたたかったことを誇りに思います。ひきつづき、公約実現に向けて奮闘する決意です。
選挙結果は、戦後最低の投票率というなかで、自民党は4割の得票で8割の議席を占めるという小選挙区の弊害が出ました。

DSC_0339_R.jpg
原発再稼働反対、TPP交渉参加反対などの国民運動が、総選挙の一大争点に押し上げられました。
自民党政権のもと、くらしや平和をまもる運動と日本共産党をもっともっと大きくするために奮闘する決意です。
スポンサーサイト
プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。