被災地ボランティア

4月7日、8日と日本共産党山形県委員会が呼びかけ、ボランティア活動と支援バザーを開きました。
鶴岡からのべ18人が参加し、県内各地から計73人が参加しました。

7日は、被災地をまわった後、仙台市若林区内の半壊住宅の床下に退席した泥を掻き出す作業に参加しました。
DSC_9131_R.jpg
DSCN0172_R.jpg

私がこの場所を訪ねたのは昨年8月以来です。
がれきの処分場などができ、若干片づいた部分もありますが、長期にわたって支援が必要です。

初めて参加した人からは、「テレビで観るのとは全く違った。ここに住んでいた人の気持ちを思うと・・」「きてよかった。また、ボランティアをしたい」と話されました。
DSC_9135_R.jpg
DSCN0211_R.jpg 私の背丈まで津波が押し寄せた


DSCN0199_R.jpg 床板をはがして
DSCN0202_R.jpg 10センチほどの堆積物を土嚢に積んで
DSCN0209_R.jpg 妻もがんばった
DSCN0213_R.jpg 最後に消石灰をまいて防虫

搔きだした堆積物は、土嚢300袋分になりました。

8日のバザーには、米600キロと野菜、生活用品など250人の方々に提供できました。
地区委員会にも「被災地には行けないけどこれを届けて」と多くの方からご協力をいただきました。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター