消費税増税のこと

テレビをみていると、消費税増税をしないと国が持たない・・・発言をする人ばかり。
社会保障の財源のためにはしょうがない、子や孫に借金は残せないと思っている方もいらっしゃると思います。
また、衆議院の比例定数削減80もセットでおこなうという。

2012012001_07_1.jpg
比例定数80削減をするとどうなるか?
前回総選挙で計算すると
得票率42%の民主党の議席占有率は64.2%→68.5%へ
得票率31%の自民党の議席占有率は24.8%→23.5%へ
得票率11.5%の公明党の議席占有率は4.4%→2.5%へ
得票率7%の共産党の議席占有率は1.9%→1%へ
得票率4%の社民党の議席占有率は1.5%→0.8%へ

世論調査では、消費税増税に反対が過半数ですが、国会では増税に賛成している政党の議員で9割を占めています。
そして、比例定数を削減すると、大政党にほど有利に働く仕掛けに。民意とかけ離れている政治をさらに悪化させることになります。

いま、無駄の削減を言うなら真っ先に年間320億円もの税金を国民の意思に関係なく配分される政党助成金を削減すべきではないでしょうか?(ちなみに共産党はびた一文もらわない)

消費税は、低所得者、中小業者に重くのしかかる不公平な税制です。さらに、大震災の被災者にものしかかってくる復興とは逆行する道です。
財源は、ゼネコンだけが儲かる仕組みの大型開発事業の中止、事故の収束もしていないのにすすめている原発推進予算4200億、1機100億円もの次期戦闘機の導入、320億円の政党助成金など事業仕分けでも聖域にしているところがまだまだあります。

日本共産党は、企業献金や政党助成金に頼らない政党です。だからはっきり言えて行動します。
どうか安心して消費税増税ノーの声をあげましょう!

スポンサーサイト
プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
山形県鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター