スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入党50年を祝う

 22日、鶴岡市内で「入党50年を祝う会」を開きました。
日本共産党は、入党30年で永年党員証、50年で「50年党員証」が贈呈されます。
DSC_8100_R.jpg

 今年50年を迎えた方は、1961年の入党で、日米安全保障条約(安保)反対が日本全国でわき起こっている時です。入党時のエピソードを話してもらいましたが、「夜行列車でデモに参加した」とか、「職場でも労働組合運動で頑張った」などの話しが出されました。
当時は日本共産党に入ることが「親から勘当される」「アカになった」などといわれる時代、さまざまな困難も語られました。しかし、「50年間あっという間だったが、党員で生きてきてよかった。自分がどう生きるのかをつかめた」、「仲間と一緒に頑張ってこられた」と振り返ってくれました。
 いま、日本共産党は「創立90年をめざす大運動」に取り組んでいますが、「もう50年頑張る意気込みで、党員や読者を迎えよう」と意気高く語られた人もいました。
「3.11以降世の中が大きく変わったと思う、原発なくすまで生きていきたい」
 私も、先輩達のたたかいをきき、大きな党をつくらねばと決意を新たにしたところです。
スポンサーサイト
プロフィール

長谷川つよし

Author:長谷川つよし
1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。