FC2ブログ

今日は64回目の終戦記念日です

活動日誌
08 /15 2009
きょう、15日は64回目の終戦記念日、笹山県議と一緒に市内で街頭宣伝しました。
太平洋戦争では310万人、アジアでは2千万人の命が奪われました。

今なお、中国残留孤児、被爆者、従軍慰安婦など多くの方が心や体に傷を負っています。
もう2度と戦争をしない!
世界に誓って、ここから戦後の日本がスタートしました。
ところが、「北朝鮮問題」を口実に非核3原則の見直し、集団的自衛権の行使、自衛隊の海外派兵、極めつけは憲法改正と次々と憲法をないがしろにした政治をすすめようとしています。
Image291_R.jpg 酒田港に寄港したアメリカのイージス艦

 日本は、軍事一辺倒の対応に固執し、外交努力がほとんどありません。
さらに、日本経団連は、軍需産業で新たな儲けをしたいと公言しています。
 ミサイル防衛と称し20兆円もの税金、さらに維持するのに2兆円もの税金が投入されようとしています。
 私は、日本外交は今までなんでもアメリカ言いなりで国として独自の政策を持たないことが周辺国や世界からも無視されている大きな原因があると思います。

 日本は世界からどういった役割を求められているか?
憲法9条が戦争のない世界を作る上で注目と共感を広げています。
 決して理想ではなく、9条に沿った国づくりを世界が目指しています!
そして、オバマ大統領が「核兵器のない世界を目指そう」の呼びかけを4月にプラハで演説しました。
最大の核兵器保有国の一つであり、広島・長崎に原爆を投下した国の大統領として初めての呼びかけに世界から共感と歓迎が広がりました。
世界にはまだまだ紛争やもめ事があります。しかし、紛争を戦争にしない努力が大波となって広がっています。

 私の原点であり人類の共通の願い、核兵器のない世界・平和な世界をみんなと一緒につくる!
ご一緒に力をあわせましょう!
 

長谷川つよし

1978年4月6日 鶴岡市家中新町生まれ
鶴岡市日枝在住
朝暘第一小学校、鶴岡第三中学校、羽黒高校卒
市内の民間会社を経て2005年9月より日本共産党鶴岡地区委員会勤務
2017年10月の鶴岡市議選で初当選